どうなる? ウッドショック|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の
3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Message後悔しないための
賢い家づくり勉強会に参加する

iekachiBOX Logoiekachi
BOX
こちらから

電話する

無料相談会

LINE
で気軽に相談

iekachiBOXはこちらから

スタッフブログ(詳細)

2021/08/31

BLOG

どうなる? ウッドショック

こんにちは! 夢広の西山です。

皆さまは、ここ数ヶ月で話題になっている「ウッドショック」という言葉をご存知でしょうか?

世界的な住宅需要の高まりにより、材木の価格が高騰している現状を指す言葉です。

実際、2021年の3月頃から毎月20万円くらいずつ価格は上がってきています

家づくりに必要な「ホワイトウッド」が入ってこない現状

一定の規格の中で家を作るハウスメーカーなどは、同じサイズのプレカット材料をまとめて在庫することができますが、注文住宅は、使用する材木のサイズがその都度変わります。

そのため、材木の在庫が確保しにくくなっています。

特にメインの材木となる「ホワイトウッド」がなかなか入ってこず、そのせいで代わりに使われる材木も需要が高まり、値上がりしている状態です。

家を買うなら早い方が良い?

すでにこの数ヶ月で、かなり値上がりはしています。

しかし、まだ上がる可能性もないとは言えません。少なくとも、下がる可能性は低いと見た方がいいでしょう。

いずれにせよ、建て時は「今」です。

元々住宅購入をご検討されていて、これといった理由なく先延ばしになっている方は、お早めにご検討を進められることをお勧めします。

この情報が、皆さまの家づくりの一助となれば幸いです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

トップに戻る