注文住宅の「R+house大阪狭山」が紹介するお客様からの質問や反響

Icon Home建築家住宅の3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Messageイベント情報

iekachiBOX LogoiekachiBOX
こちらから

電話する

無料相談会

3Dイメージ

イベント情報

よくあるご質問・お客様の声

  • ホーム  >  
  • よくあるご質問・お客様の声

faq

お客様からお寄せいただいたご質問に回答するQ&Aコーナーです。なお、こちらに掲載のない内容でご不明な点、疑問点などございましたら注文住宅の「R+house大阪狭山」までお気軽にお尋ねください。

R+houseの家づくりについて
QハウスメーカーとR+house、家づくりの違いは
Aハウスメーカーは建物の主要部分を工場で作成し、ユニット化したものを現場で組み立てます。一方、R+houseでは、これらの工程をすべて現場で行います。これにより工場を維持する固定費が不要となり、コストダウンが可能になりました。もちろん、現場での作業量はその分増えますが、R+houseでは独自の合理化策を講じて施工の手間や労力を極力減らすよう工夫しています。
QR+houseが従来の注文住宅と異なる点は?
A注文住宅の良さを踏まえながら、部材や設備、使用などに一定のルール(制約)を設けることで、工程の無駄、作業の無駄、部材の無駄、日程の無駄を省いて大幅なコスト削減に成功しました。また、お客様が素材や色、寸法などを選択する際の労力やコスト負担も軽減しています。
オーナーズスクエアについて
Q定期点検の時期・回数は?
Aお引き渡し後3ヶ月・6ヶ月・1年は当社で無償、3年・5年・10年は家火事サポート60に含まれています。15年以降は5年ごとに有償になります。
Q社内検査とは何ですか?
Aすべての工事が完了した段階でR+houseが実施する社内検査です。この社内検査で問題がなければお客様に最終確認をお願いいたします。
Q断熱性能を表すUA値とは?
AUA値とは外皮平均熱貫流率のこと。住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。数字が小さいほど断熱性に優れていることを示しています。
Q気密性能を表すC値とは?
A1㎡あたりどれだけのすき間があるかを端的に示すもので、国が掲げる目標値は「5」(1㎡あたり5㎠)ですが、R+houseの家は平均で1.0(1㎡あたり1㎠)と1/5ときわめて優秀な性能を誇っています。
Q品質チェックリストとは何ですか?
A基礎工事、柱・梁・屋根などの工事、気密 ・防水性能の確保、配管・水まわり設備工事、内装・外装仕上げ工事など、着工から竣工に至るまで、すべての段階で用いられる品質確認用のチェックリストです。なお、このリストはR+houseの施工研修を修了した認定技術者だけが取り扱うことができます。
Q入会特典の商品はいつ届きますか?
A竣工後、1ヶ月程度でお手元に届きます。
Q入会費用はかかりますか?
A入会金、会費などは一切発生しません。R+houseで家を建てられたお客様であればどなたでも会員登録できます。
土地について
Q建築用地が未取得です。土地探しをお願いできますか?
A
「R+house大阪狭山」の運営会社である「株式会社 夢広」は地元で長らく不動産事業を営んでいる関係で地域の市場動向にいて詳しいため、皆様のご要望・ご予算に即した土地物件を的確に提案できます。
Q土地は全体の予算の何割程度なら適正ですか?
A一概には言えません。まずは「R+house大阪狭山」までご相談ください。建築を予定されている地域や、お客様のご要望をお伺いしたうえで全体の資金シミュレーションを行い、そこから適正な土地代を算出します。
店舗について
Q打ち合わせはどこで行うのですか?
A基本的にはR+house店舗で行うことが多いです。まれにご自宅でのお打ち合わせを希望する方もいらっしゃいます。
ご希望がありましたらご連絡ください。
Q資金相談に乗っていただけますか?
A

「R+house大阪狭山」では、お客様の資金相談にも個別に応じています。この資金相談では前述のようにお客様の収入や家計状況、将来設計、予算などをお聞きしたうえで、妥当な返済シミュレーションを作成するため、かなり現実に即したプランになります。ぜひ、この機会をご活用ください。

また、基本的に当社担当とお客様との個別面談となりますので、プライバシーを気にされることもありません。もちろん返済シミュレーションの作成は無料ですのでご安心ください。なお、資金相談に関するお問い合わせ、お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

faq

「R+house大阪狭山」でマイホームを建てられたお客様の声を紹介します。アトリエ建築家が設計を手がけるスタイリッシュな住まい、性能・品質にこだわった住まいに皆様がご満足いただいている様子が伝われば幸いです。

N様(家族構成:夫婦+子ども1人+うさぎ)

N様(家族構成:夫婦+子ども1人+うさぎ)

──ハウスメーカーではなくR+houseを選ばれた理由は?
「賢い家づくり勉強会」に参加してみて、何の知識もないままに家を買うのが怖いと思い、建売住宅の購入を思いとどまりました。

──アトリエ建築家との家づくりで満足されていることは?
私たち家族の生活スタイルに即した提案をきめ細かくしてくれたことですね。たとえば、見渡しがよくどの方向にも死角のないキッチンは、子どもの姿をいつでも確認できるので安心です。

また住宅密集地なので、当初は景観をあきらめていましたが。2階LDKにしていただけたことで、広いバルコニーからゆったりと遠くの景色が眺められるようになり感動しました。

夫婦共通の趣味が「釣り」なんですが、道具などを置く専用の部屋をつくっていただいたこともうれしかったですね。釣りから帰ってきても、玄関を通らずウッドデッキからすぐに部屋へ直行できるので中に汚れを持ち込まずに済むし、収納豊富で道具の出し入れもしやすいです。

──建築家の印象はどうでしたか?
個性的な方が多いとなんとなく先入観を持っていましたが、意外なほど気さくな方でした。口下手な主人からもうまく要望を引き出していただいて感謝しています。

──お気に入りの空間は?
玄関脇の手洗いコーナーです。たまたまネットで気に入ったものだったんですがリクエストして正解でした。子どもと外へお出かけした帰りにすぐ手洗いができて重宝しています。

──生活に変化はありましたか?
主人がことのほか家を大事にしてくれるようになりました。バルコニー掃除も今は彼が率先してやってくれています。

F様
(家族構成:夫婦+子ども2人)

F様(家族構成:夫婦+子ども2人)

──ハウスメーカーではなくR+houseを選ばれた理由は?
家を新築しようと思ったのは、子どもたちが多くなり前の家が手狭になったから。最初は大手ハウスメーカーを視野に入れていましたが、予算が折り合わなくて。モヤモヤ考えていたときにR+houseで家を建てた知人から紹介されたのがきっかけです。決定打となったのは「賢い家づくり勉強会」に参加したことでしょうか。住まいの断熱、君地位に関する話題は自分にとって目からウロコでした。

──建築家の印象はどうでしたか?
想像していたよりずっとフランクな方で相談しやすかったですね。私の場合、要望したいことが山ほどあったので小冊子をつくってそれで想いを伝えました(笑)。

──どんな要望を伝えたのですか?
主人が多忙なので家族総出で旅行したり、一家で何を楽しんだりということがなかなかできなかったので、家族が集まれる広いリビングをまずリクエストしました。主人は、ミニ書斎を要望していました。また、出かけるときも帰宅するときも互いの顔を見て「ただいま」「お帰り」が言えるLDKにしてほしいとオーダーしていました。

──建築家から提案を受けたときどんな感想を持ちましたか?
先ほどもお話した通り、私は自分の要望を小冊子にしてこれをお渡ししたんですが、提案にはそこに書いたすべての要望が反映されていました。ここまで考えてくれているのかと思うとどういうわけか涙があふれてきましたね。

──暮らしてみて、気に入っているところは?
冬でも抜群に暖かい室内ですね。日中に十分な日当たりがあればエアコンも不要なほどです。

何より、アレルギー体質の子どもが、病院に行かなくて済むようになったことも驚きですね。前の家と違って湿気がこもらず、ハウスダウストも発生しにくい環境だからでしょう。

また、家事動線をうまくレイアウトしていただいたことで、毎日が重労働だった洗濯がずいぶんラクになりました。日当たりのよさを生かせば、部屋干しでも洗濯物がよく乾くのでコインランドリーに行くこともなくなりました。

A様

A様

──R+houseを選ばれたきっかけは?
パンフレットの施工写真に一目ぼれしたのが始まりです。それは黒壁と木を上手に使ったデザインの家でした。また、高気密・高断熱にこだわった家づくりということで、寒さが苦手な自分にはぴったりかなと(笑)。

──暮らしてみて、どんな印象を持ちましたか?
評判通り、夏は涼しく、冬は暖かい家ですね。冬も厳寒期を除けば暖房も不要で実に快適です。また、外観はまさに要望していた通りで感激しました。家庭菜園やガーデニングに親しむようになったのもこの家に移り住んでからですね。

──気にされていた光熱費ですが変化はありましたか?
電気代は確実に安くなりました。暖房をあまり使わなくなったからだと思います。

──R+houseにしてよかった点は?
何より居心地の良さですね。どこに出かけてもつい帰りたくなるほどです。それまで山間地で底冷えのする家に住んでいたこともあって、高気密・高断熱の家の暖かさ、木肌の醸す温もりが恋しくなるんでしょう。

──R+houseでの家づくりを検討中の方にメッセージを
住まいに対して抱く理想は人それぞれですが、好きなことに没頭できる空間、雑事を忘れて無になれる、本来の自分に戻れる場所があるというのがうれしいですね。R+houseさんと建築家さんのご尽力で、まさに人生の機微を実感させてくれる夢の住まいが実現しました。

C様

C様

──R+houseとの出会いは?
チラシですね。そこにあった勉強会の案内を見て、会場に足を運んだことが運命の出会いでした(笑)。

──実際に住み始めてどんな印象を持たれましたか?
LDKの解放感がいいなと。キッチンから子どもの姿を見守ることができるし、家事をしていても家族の会話に参加できるので楽しいですね。

バルコニーの広さにも感激しました。何より洗濯物がたくさんあっても、余裕で干せるだけのスペースがあるんですよ。それでいて、隣家や通りからの視線を上手に遮るレイアウトになっているので、洗濯物を見られる心配もありません。ものすごく計算された設計だなと実感しました。

──光熱費には変化がありましたか?
前の家は親と同居だったので単純な比較はできませんが、知人宅と比べると明らかに安いようです。

──R+houseにしてよかったと思うところは?
住んでみて改めて実感しましたが、高気密・高断熱の家はとにかく快適ですね。何より建築家の方が私たちには思いもつかないようなアイデアを提案してくださったことにカルチャーショックを覚えました。家づくりってこんなにワクワクするもんなんだなって。

──R+houseでの家づくりを検討中の方にメッセージを
初めての家づくりで右も左もわからないと足踏みしているより、まずはR+houseさんに相談してみることですね。資金的なことも含め、家づくり全般で感じていた迷いや不安が一気に解消されますよ。

PICK UP!家づくり勉強会・相談会・建築家住宅見学会に参加しませんか?

PICK UP! 家づくり勉強会・相談会・完成見学会に参加しませんか?

一生に一度かもしれないマイホーム購入。それだけに多くの方にとってわからないことも多く、何かと不安になってしまうのも無理はありません。たとえば、「どんな家にするか」を決めることもそうですが、大きなお金が動く買い物だけに「住宅ローンの借入をどうするか」「月々の返済をどうするか」といった資金計画についても何かと悩ましいところでしょう。

「R+house大阪狭山」では、そんな皆様のために「賢い家づくり勉強会」や「資金相談会」「建築家住宅見学会」など各種イベントを用意し、安心してマイホームを購入していただけるようアドバイスさせていただいています。なお、各イベントの内容やスケジュールについてはこちらをご覧ください。

トップに戻る