注文住宅のおすすめオプション設備を内装・外装別に紹介|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の
3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Message後悔しないための
賢い家づくり勉強会に参加する

iekachiBOX Logoiekachi
BOX
こちらから

電話する

無料相談会

LINE
で気軽に相談

iekachiBOXはこちらから

スタッフブログ(詳細)

2022/11/08

注文住宅のおすすめオプション設備を内装・外装別に紹介

注文住宅を建てる際、悩むことの一つが“オプション”だと思われます。

標準仕様と違って、つけなくてもかまわないオプション。

しかし建築後、「やっぱりあのオプション付けておけばよかったなぁ……」といった事態は回避したいと思うでしょう。

そのような人たちのために、ここでは内装・外装別におすすめのオプションを紹介します。

オプションに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

目次

・注文住宅のオプション~内装編~

・注文住宅のオプション~外装編~

・注文住宅にオプション設備を導入する前にチェックしたいこと

・オプションを設置する前に、理想の住宅についてよく考えよう

 

注文住宅のオプション~内装編~

注文住宅を建てる人におすすめの6つの内装オプションを紹介します。

1.造作棚

ベストな寸法の棚を設置したいのであれば、造作棚がおすすめ。

一口に造作棚といえども、固定式、可動式、ニッチなどさまざまな種類があります。

家の大きさに合った棚を探すのは大変ですが、造作棚はまさにジャストサイズ。

ほかにも、自らのアイデアを活かした、オリジナルの家具を造ってもらうことだってできます。

ぜひとも我が家に合った棚を造ってもらい、快適な生活を送りましょう。

2.浴室暖房衣類乾燥機

衣類乾燥もできる、浴室暖房もおすすめ。

雨や花粉などで外に洗濯物を干せない時期はもちろん、洗濯物が多く、ベランダだけではスペースが足りないといった人にも便利です。

お風呂場での衣類乾燥なら場所も取りませんし、ニオイや湿気も気になりません。

暖房機能も付いているため、ヒートショックも防げます。

3.オール電化

「経済的で安全」といった理由で、オール電化を選ぶ家庭も増えています。

IHクッキングヒーターには、切り忘れ防止や高温注意ランプ表示などの機能がついており、火を使わないため、火事の心配もありません。

またオール電化は環境にも優しいため、CO2の排出量削減に貢献したい人にもおすすめです。

4.全館空調

全館空調システムはすべての居室、廊下など建物全体を冷暖房し、24時間換気を行なうことができます。

エアコンや暖房器具を各部屋ごとに設置するのとは違い、1台の空調設備で家全体の温度を均一にすることができます。

リビングや寝室などの居室、トイレや洗面室、廊下といったところまで家全体を24時間換気しながら空調を行い、真冬のヒートショックなどのリスクを減らすことができるので、健康かつ快適な暮らしにおいて検討しておくとよいでしょう。

5.ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、中に入って歩くことができるほど広いクローゼットを指す言葉。

主寝室にウォークインクローゼットを設置する人が増えています。

とくに衣類を多く所有している人におすすめのオプション。

服だけでなく、スーツケースやゴルフバッグなど大型の物をしまっている人もいます。

6.室内用物干し

室内物干し用のスペースを設置する人も増えています。

天気や花粉、ホコリなどの影響を受けにくく、衣類が変色しないなどの理由で、あえて室内干しを選択する人も増加しているのです。

とくに洗濯物や家族の人数が多い家にとって、物干しスペースは必須といえるオプションかもしれません。

 

注文住宅のオプション~外装編~

注文住宅のおすすめの外装オプションを紹介します。

1.防犯ライト

防犯を重視したいのであれば、防犯ライトの設置がおすすめです。

玄関周りなどに防犯ライトをつければ、空き巣なども入りづらくなるでしょう。

自分たちで後付けすることもできますが、住宅を建てる際プロに設置してもらえば、配線などを上手く隠してもらえる可能性が高まります。

2.宅配ボックス

宅配ボックスも今、人気の設備。

近年は、不在時に荷物を受け取れるだけでなく、コロナウイルス対策として、できる限り業者と対面したくないといった人たちからも支持を受けています。

最近は、宅配業者を装った不審者の侵入を防げると、防犯グッズとしても人気を集めています。

3.太陽光発電

太陽光発電システムも人気を集めているオプションの一つ。

太陽光発電を導入すれば、電気代を削減できるだけでなく、売電収入を得られることも。

そのうえ、万が一停電したとしても電気が使えるといった安心感まで、手に入れられます。

4.電動シャッター

開閉が楽ちんな電動シャッターもおすすめのオプション。

窓を開けずに開け閉めできるうえ、好きなところで止められるのも人気の理由の一つ。

開閉音も静かで、周囲に迷惑をかけることもありません。

また電動シャッターは、防犯面でも注目を集めています。

不審者の侵入を防ぐためにも、窓やガレージにぜひ電動シャッターを取り付けることを検討してみてください。

5.ウッドデッキ

家族で過ごせるリラックススペースとしてウッドデッキを設置する人も大勢います。

ウッドデッキでランチやお茶をしたり、花火を見ながらビールを一杯飲んだりなんていうのも気持ちいいですよね。

バーベキューセットや子ども用プールを置いて、楽しむ家庭も。

屋外の開放的な空間で遊んだり食事をしたりすれば、またいつもと違った気分を味わえるはず。友達を呼んでガーデンパーティーを開催したりするのも、楽しいと思います。

 

注文住宅にオプション設備を導入する前にチェックしたいこと

オプションを付ける前に、まず必ずしておきたいことが“イメージを膨らませる”ことです。

その設備を使って、どのような生活を営むのか。

しっかり考えてから、導入するようにしましょう。

というのも、説明を聞いたり、パンフレットを読んだりしていると、すべてのオプションが良いように見えてきます。

しかし当然のことながら、オプションはすべての人が欲しているわけではなく、「理想の生活を送るために必要」と思う人だけが設置します。

逆をいえば、不要だと考える人も少なくないのです。

ついついあれもこれも付けたくなってしまいますが、せっかく取り付けたオプションが無用の長物になってしまったらもったいないですよね……。

そのような事態を招かないためにも、オプションを付ける際は、必ず自分たちの新居での生活をイメージすることが最も大切なことになります。

 

オプションを設置する前に、理想の住宅についてよく考えよう

注文住宅における人気のオプションや、オプションを付ける前に気をつけておきたいことをお伝えしました。

オプションを付けることで、よりあこがれの注文住宅に近づけることができます。

しかし何でもかんでも設置するのは、おすすめできません。

オプションを付けたのに「全然使わなかった……」となってしまえば、逆に後悔が生じます。本当に自分たちに必要なオプションは何か?イメージを膨らませてから、依頼するようにしましょう。

トップに戻る