玄関をモルタルにするメリット・デメリット|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の
3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Message後悔しないための
賢い家づくり勉強会に参加する

iekachiBOX Logoiekachi
BOX
こちらから

電話する

無料相談会

LINE
で気軽に相談

iekachiBOXはこちらから

スタッフブログ(詳細)

2022/08/30

玄関をモルタルにするメリット・デメリット

『新居の玄関はシンプルで無機質な雰囲気にしたい』『カフェ風のおしゃれなデザインにしたい』こう考えている方にとってピッタリなモルタル素材。セメントと砂と水を混ぜ合わせてつくられたモルタル素材は独特な雰囲気があり、デザイン性の高い注文住宅をよりおしゃれに見せてくれます。とはいえ、どんなメリットデメリットがあるのか気になりますよね。

そこで今回は、玄関をモルタルにするメリットデメリットをご紹介します。これからの家づくりに、ぜひお役立てください。

 

目次

・ モルタルはどんな素材?

・モルタル玄関のメリットとデメリット

 

モルタルはどんな素材?

セメントに砂と水を混ぜ合わせてつくられた建築材料のことを、モルタルといいます。耐火性に非常に優れているといわれており、玄関はもちろん、タイルの下地や外壁など様々な箇所に使用されます。

セメントに砂利が加えられたものがコンクリートで、モルタルと見た目は似ていますが素材は異なります。モルタルには砂利が入っていないため、コンクリートに比べるとつるっとした表面に仕上がります。

 

モルタル玄関のメリット・デメリット

モルタル玄関のメリット、デメリットを順番に見てみましょう。

メリット

メリット① 無機質でシンプルな見た目がおしゃれ

モルタル玄関の最大の魅力は、なんといってもシンプルで無機質な見た目です。シンプルゆえ木目や植物との相性が良く、どんなテイストの内外装や外構でも邪魔をすることなくマッチします。壁にタイルやレンガなどを施工する、カフェ風やインダストリアルの家にもクールなモルタルの玄関がぴったりです。

モルタルの色はグレーが一般的ですが、他にもさまざまなカラーの中から選ぶことができます。洋風ならテラコッタカラー、和風やモダンなら黒系のカラーもおすすめです。

メリット② 土汚れが目立ちにくく掃除が楽​

モルタル玄関は、土汚れが目立ちにくいのが魅力です。靴裏についた砂や泥が持ち込まれやすい玄関は、特にこまめなお手入れが必要な場所です。しかしモルタル玄関なら、汚れが目立ちにくいのでこまめに掃除をする手間を省くことができます。

タイルと違って目地がなくフラットな仕上がりなので、掃除もしやすい点もメリットです。ただし、「ほうき目仕上げ」という滑りにくくするための仕上がりを選ぶと、凹凸ができて砂ぼこりが溜まりやすくなるため注意しましょう。

メリット③ デザインやテイスト、インテリアを選ばない

モルタルはデザインやテイスト、インテリアの種類を選びません。和モダンだから合わない、フレンチシックだから無理、といった制限なくどんなテイストにも合わせることができます。

家を建てた後で気分を変えたい時、テイストに変化を加えたい時も柔軟に異なる素材と合わせることができるので、楽しくおしゃれな内装を崩すことなく模様替えして楽しむことができます。

メリット④ 蓄熱機能に優れている

熱を溜め込むことができる蓄熱機能に優れているので、冬の間は太陽光から蓄熱することができます。夏はひんやりとした冷たさがあるので、一年を通して素材の質感を楽しむことができますね。

モルタル玄関のデメリット​

次に、モルタル玄関のデメリットを見てみましょう。

デメリット① ヒビが入りやすい​

モルタルは、ヒビが入りやすいというデメリットがあります。ヒビ割れる主な原因は

・モルタル自体の乾燥

・温度変化による木材やモルタルの収縮

・地震などによる揺れ

この3つが挙げられます。

玄関は屋外と室内をつなぐ空間なので、温度・湿度変化による乾燥や収縮がどうしても起こりやすくなります。こまめなケアをする、温度や湿度を一定に保つようにする、といった管理をしなければヒビ割れを防ぐことは難しいとされています。

デメリット② シミができやすく落ちにくい​

シミ汚れは目立ちやすい、というのはモルタル玄関のデメリットです。モルタルはオイルなどを吸収しやすく、その部分だけ黒っぽくシミになります。玄関に置いていた生ゴミや靴裏などについていたオイルが原因でシミができやすいので注意しましょう。

デメリット③ 安っぽく見えることも……

モルタル玄関は、シンプルなデザインが好きな方には「かっこいい、おしゃれ」という印象を与えることができます。しかし一方で、モルタルはタイルよりも安いという特徴があるため、見る人によっては「安っぽい」と捉えられてしまうこともあります。

素材による価格差が生じるのは仕方のないことなので、モルタルのかっこよさ、おしゃれさがより引き立つようなデザイン、設計でカバーしていきましょう。デザイン性の高い注文住宅なら、決して安っぽい印象は与えないはずです。

デメリット④ 断熱対策が必要

蓄熱性能に優れているモルタルですが、冬場は特に冷たくなります。日の当たらない玄関の場合、玄関全体が冷え込んでしまわないよう、断熱対策をする、床暖房を導入する、といった工夫が必要です。

モルタル自体は耐火性に優れた素材なので、まわりに注意しながら昔ながらの石油ストーブを設置してもおしゃれですね。

 

トップに戻る