掃除しやすいキッチンにするための条件は?|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の
3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Message後悔しないための
賢い家づくり勉強会に参加する

iekachiBOX Logoiekachi
BOX
こちらから

電話する

無料相談会

LINE
で気軽に相談

iekachiBOXはこちらから

スタッフブログ(詳細)

2022/06/10

掃除しやすいキッチンにするための条件は?

「掃除しやすいキッチンにするために気をつける点はあるのか知りたい。」

掃除のしやすさを重視したい方は、火力が強いガスコンロではなく、IHを利用することを推奨します。

この記事では掃除しやすいキッチンの条件と素材、掃除しやすいキッチンの動線づくりについて詳しく解説します。

ぜひこの記事をお役立てください。

 

・掃除しやすいキッチンの条件とは

・掃除しやすいキッチンの素材とは

・掃除しやすいキッチンの動線づくりとは

 

掃除しやすいキッチンの条件とは

キッチンでは水や油を頻繁に使用するため、手入れが大変ですよね。

毎日掃除の時間が確保できる方、掃除が苦痛でない方は綺麗に保てるかもしれませんが、掃除が苦手な方にとってはとても苦痛な作業です。

そこで、ここでは掃除しやすいキッチンの条件について解説します。

 

1つ目は、ガスコンロではなくIHを利用することです。

料理好きな方にとっては、火力が強いガスコンロの方を利用したいという方もいらっしゃいますよね。

料理のしやすさに関してはそれぞれ好みがあるかと思いますが、掃除の観点で考えると、IHの方が掃除がしやすいです。

その理由は、ガスコンロの方は凸凹が多く、掃除の時はパーツを外す必要があるからです。

それに比べてIHでは表面が平らなため、使用後に拭き取るだけで掃除が完了します。

 

2つ目は、レンジフードです。

毎日の掃除は必須ではありませんが、大掃除で大変になることが多いのがレンジフードです。

油汚れがこびりついていることはわかっていても、高い位置にあることや取り外しが面倒なことを考えると、なかなか手をつけられないという方も多いのではないのでしょうか。

そのときはお手入れが楽な製品を選択することをおすすめします。

 

3つ目は収納スペースを充実させることです。

食器や食品ストック、調理器具など、キッチンには収納スペースがたくさん必要です。

収納を決める時は、収納の掃除のしやすさにも気をつけましょう。

収納にも汚れがたまることがあります。

それだけでなく、収納している調味料の液がついてベタベタになってしまう可能性もあります。

物が詰まっているほど全てをとり出して掃除することは大変です。

したがって、物をとり出しやすい収納や、詰めこみすぎない収納を心がけることで、掃除しやすくなります。

 

4つ目は、キッチン周りのクロスです。

キッチンを使用していると、壁や床にも水や油が飛び散ることがあります。

そのため、壁や床の素材選びも大切です。

また、コンロ周辺は汚れに強くて手入れがしやすいキッチンパネルの使用をおすすめします。

色やデザインは家の雰囲気に合わせて選択しましょう。

 

掃除しやすいキッチンの素材とは

キッチンの素材も、掃除のしやすさを左右します。

しかし、選び方が分からない方も多いでしょう。

ここからは、素材について解説します。

 

1つ目は、ステンレスです。

柔軟性があるため、食器を落としても割れにくいという特徴があります。

耐熱性や耐久性が高いというメリットもあります。

 

手入れをする時は、原液の塩素系漂白剤を直接つけないようにしましょう。

その理由は、さびができる可能性があるからです。

さび止めの加工が施されていますが、それでもさびが生じる恐れがあります。

 

2つ目は、人工大理石です。

キッチンの扉とのコーディネートが簡単なため、最近人気急上昇中の素材です。

原料には熱に強い樹脂が使用されています。

 

手入れのしやすさが大きな特徴です。

人工大理石も、塩素系漂白剤を使用しないようにしましょう。

また、研磨剤が入ったクレンザーと硬い金属製のたわしを組み合わせてこすることも避けましょう。

手入れをする時は、中性洗剤と柔らかいスポンジを使用しましょう。

 

3つ目はホーローです。

ホーローとは、鉄やアルミなどの金属を下地にして、その上にガラス質のうわ薬を高温で焼き付けた物です。

特徴は、耐久性や掃除のしやすさです。

金属とガラスの性質を合わせ持っているため、耐久性があります。

 

手入れをする時は、表面のコーティングを守ることを心がけましょう。

シミやみや黄ばみが気になるという場合には、表面のコーティングが傷つかないようにスポンジや布で優しく掃除をしましょう。

 

掃除しやすいキッチンの動線づくりとは

キッチンの動線づくりで大切なことは、コンロとシンク、冷蔵庫の位置関係です。

ご自分に合ったキッチンにするためには、現在のキッチンでの作業をもとに、どのような改善点があるのかを確認しましょう。

そしてその改善点から、キッチンの配置を考えましょう。

同じ作業をするとしても、1人1人動き方は異なります。

使いやすいキッチンの間取りも、キッチンで作業をするときにどのように動くかによって異なります。

そのため、ご自分に合った動線づくりは、ご自分で考えることがおすすめです。

 

トップに戻る