新築時にサンルームを設置するメリットとデメリット|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の
3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Message後悔しないための
賢い家づくり勉強会に参加する

iekachiBOX Logoiekachi
BOX
こちらから

電話する

無料相談会

LINE
で気軽に相談

iekachiBOXはこちらから

スタッフブログ(詳細)

2022/05/13

新築時にサンルームを設置するメリットとデメリット

家を新築するとき、便利さやおしゃれさなどを考えて、どんな設備を自宅に備えようか悩む人も多いのでは。意外と悩むのが、「サンルームを設置するべきか」。雨の日や風が強い日でも気兼ねなく洗濯物が干せるだけでなく、自然な光の中で優雅なひとときを過ごせそうなサンルーム。誰もが一度は憧れたことがあるはずです。一方で、サンルームとはどんなものか?設置することでどのようなメリットがあるのか?詳しく知らない、という方もいるのではないでしょうか。サンルームを設置するメリッとは、また費用の相場についてもご紹介します。

・洗濯物を干すのに便利!人気のサンルームとは

・サンルームはいらない?設置するメリット・デメリット

・サンルームはリビングと2階の寝室どちらに設置するべき?

・洗濯物干しを快適に!サンルームを設置するときのポイント

 

洗濯物を干すのに便利!人気のサンルームとは

サンルームとは、太陽の光を多く取り入れるためにガラス張りにした部屋のことをいいます。屋根や壁など一面ガラス張りなので、何といっても開放感が魅力です。リビングの延長としてサンルームをつくり、家の中で日向ぼっこを楽しんだり、庭と一体感をもたせることで「アウトドアリビング」のような空間としても楽しむことも。また、お子さんの遊び場としても使えるなど、さまざまな使い方ができます。

天気を気にせず洗濯物を干せることも人気の理由です。「花粉の季節は洗濯物を外に干せない」という人も多いと思いますが、「花粉がつかない」「日当たりがよい」という最高の環境が揃っているのがサンルーム。PM2.5や黄砂が気になる、という人にも安心です。

 

サンルームはいらない?設置するメリット・デメリット

家を建てる際に、憧れのサンルームはどうすべきか?検討するにはまず、設置するメリットとデメリットを理解するところからはじめましょう。メリットとデメリットを踏まえた上で、後々後悔することのないサンルームを検討しましょう。

メリット

自然光が入り、明るく開放感がある空間をつくれる

家の中に自然光がたっぷりと入るので、ほかの部屋と明るさが違  います。降り注ぐ日の光を浴びながらティータイムを過ごしたり、夜空を眺めたりと贅沢な時間を過ごせます。

天候を気にせず洗濯物を干せる

雨予報の日、花粉の季節、PM2.5や黄砂が気になるときにも、安心して洗濯物を干すことができます。

二重部屋効果によって、断熱性がアップする

サンルームがあることで、二重窓ならず二重部屋となるため、リビングなど内側の部屋の断熱性がアップし、冷暖房効率が高まります。結果として、光熱費が安く抑えられます。

子どもやペットの遊び場として活用できる

小さなお子さんがいるご家庭や、ペットを飼っているご家庭にとっては、天気を気にせずいつでも遊ばせる空間として活用できます。

デメリット

夏暑く、冬寒い

サンルームより内側の部屋の断熱効果が高まるというメリットがある一方で、夏場はサンルーム内にはいられないほどの暑さになることも。ほぼ全面がガラス張りなので、外気の影響を大きく受けます。冬場は寒く、晴れていない日は、たとえ暖房を使っても暖まりにくいのが特徴です。

お手入れが大変

全面のガラスは汚れが目立ちやすく、定期的なお掃除が必要です。汚れがつきにくいサンルーム等もありますが、壁や天井のお手入れは想像以上に大変。高圧洗浄でのメンテナンスが一般的です。

 

サンルームはリビングと2階の寝室どちらに設置するべき?

サンルームは、さまざまな使い方を楽しめる空間です。実際に、暮らしの中でサンルームをどのように楽しみたいのかを考えてみましょう。主な用途や家の間取りによって、どこに設置すべきかが変わってきます。サンルームを主に洗濯物を干す場として活用したいのなら、洗濯機がある場所と同じ階に設置するのがよいでしょう。洗濯は毎日のことなので、サンルームを設置したことを後悔しないように効率の良い家事同線を考えましょう。

「サンルームでティータイムを楽しみたい」「子どもの遊び場などとして使いたい」という場合は、リビングに面して設置するのが便利です。 「寝る前に星空を眺めながらリラックスしたい」と考えている場合には、寝室に面した場所にサンルームをつくるのがおすすめ。

 

洗濯物干しを快適に!サンルームを設置するときのポイント

天候を気にせず洗濯物が干せる点はサンルームの大きな魅力ですが、気温の上がらない冬場や、曇りや雨の日にはどうしても洗濯物が乾きにくくなります。洗濯物を快適に乾かすためには、湿気の逃げ道を確保するのが重要です。そのためには、窓を開ける、ドアを開けるなどの工夫をすること。さらに、住宅によってはどうしても湿気がこもりやすくなるので、「換気計画」というものも必要になってきます。換気計画は間取りと一緒に考えるものなので、工務店・ハウスメーカーに確認してみましょう。

洗濯物のことを考えるなら、「全館空調」システムも検討してみましょう。家中すみずみまで換気しながら、清潔な空気と快適な温度で部屋中を満たします。室温のみならず、湿度まで管理してくれるのが大きな特徴なので、室内も常に一定の湿度を維持。洗濯物の部屋干しが一年中いつでも快適に行えます。「全館空調」システムのように「換気計画」がしっかりしていると、サンルームがつくれない家でも家事が一気に楽になります。

トップに戻る