注文住宅をお考えの方必見!間取りの王道の決め方って?|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Messageイベント情報

iekachiBOX LogoiekachiBOX
こちらから

電話する

無料相談会

3Dイメージ

イベント情報

スタッフブログ(詳細)

2020/06/14

BLOG

注文住宅をお考えの方必見!間取りの王道の決め方って?

注文住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
長く住めるだけでなく、住みやすい家は皆様の憧れです。
住宅の住みやすさを格段に上げるために重要なのが間取りです。
間取りを完璧にして、理想の家を実現しましょう。
今回は、専門家が注文住宅の間取りについて徹底的にご説明いたします。

□間取りを決める3つの重要なポイント

まず1つ目は、ご家族の要望を反映させた生活動線を確保することです。
間取りを決める際は必ずご家族全員で決めましょう。
綿密にコミュニケーションを図ったり、実際に体を動かして生活のシミュレーションを事前にしたりすることでよりスムーズに間取りを決められます。

さらにご家族の生活動線も重視しましょう。
ご家族の人数が多い場合には、買い物の量が一般的な量よりも多くなります。
そのため、玄関から冷蔵庫のあるキッチンまで曲がり角がないほうがより早く、より楽に物を運べますよね。
このように、普段の生活を意識しながら間取りを決めて頂けるといいでしょう。

2つ目は、住宅の立地条件と周辺の環境を考慮することです。
人が多い場所では人の目が気になるため、窓の位置を工夫したり、風通しを良くするために窓の位置を変えたりと立地条件で間取りを決めると良いでしょう。
また、周辺が繁華街で夜も賑わっている場合には寝室を繁華街から最も遠い位置に配置するなどの工夫もできます。

3つ目は、用途と機能で間取りをカテゴリー化して決めることです。
家の外と中、庭と住宅のように間取りを決める場所を明確にカテゴリー化しましょう。

□新築注文住宅に導入すべき間取り

新築の注文住宅に欠かせないのが、食糧保存庫です。
一般的にはパントリーと呼びます。
皆さんは、食材や調味料を取るために腰をかがめなくてはならず不便な思いをした経験がありませんか。
パントリーを腰の高さに配置することで、立ったまますぐに調味料を取り出せますし、キッチン周りをすっきりと整頓できます。

さらにおすすめなのが、ウォークインクローゼットです。
ウォークインクローゼットを導入することで、特にご家族が多い場合には1つの場所に家族全員の衣服を片付けられるので無駄な仕分けや掃除が必要ありません。
主婦の方が毎日行う家事は大変ですので、少しでも楽になる工夫をしたいものですよね。

□まとめ

今回は、住宅の間取りを決める際の重要点と新築に導入すべき間取りについて詳しくご紹介しました。
当社は、大阪を中心にお客様のご要望に合わせた注文住宅をご提供いたします。
ぜひ一度ご相談ください。

注文住宅をお考えの方必見!間取りの王道の決め方って?

トップに戻る