家づくりトピックス!「光庭」|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Messageイベント情報

iekachiBOX LogoiekachiBOX
こちらから

電話する

無料相談会

3Dイメージ

イベント情報

スタッフブログ(詳細)

2021/04/15

BLOG

家づくりトピックス!「光庭」

こんにちは! 夢広の西山です。

「近年はこんなこともできるんですよ!」といった、家づくりに関するトピックスをご紹介する本シリーズ、今回は「光庭(ひかりにわ)(こうてい)」をご紹介します

 

光庭とは?

光庭とは、外壁に囲まれた庭のことで、主に住宅に光を取り入れることを目的として作られます。

中庭との違いには以下のようなものがあります。

中庭の場合、植栽・池などで空間をデザインすることが多いが、光庭は何もないシンプルな空間であることも多い

中庭の場合、室内からの景観も考えると間取りにある程度制限がある。光庭は比較的間取りに影響を与えにくい。

生活していくうえで自然光がしっかり家に入るのは、とても大切なことです。

けれど住宅密集地などでは、敷地との兼ね合いで、どうしても光を取り入れにくいことなどもありますよね。

そんな時に役立つのがこの「光庭」です。光庭を導入された家の特徴は、なんといっても明るいこと。また、窓が直接道路などに面していないことから、防犯面でも有利です。

ただし、住宅の中心部がガラスになるわけですから、断熱性を保つための工夫は必要です。光庭の導入に当たっては、建築家の先生や設計士さんと、その点を良く相談してくださいね。

 

この記事が、皆さまの家づくりの一助となれば幸いです^^

トップに戻る