快適な家づくりのポイントを紹介します!|注文住宅の「R+house大阪狭山」の公式ブログ・情報発信ページ

Icon Home建築家住宅の3Dイメージ
建築家住宅の3Dイメージ 建築家住宅の3Dイメージ建築家住宅の3Dイメージ

詳しく見る

Icon Messageイベント情報

iekachiBOX LogoiekachiBOX
こちらから

電話する

無料相談会

3Dイメージ

イベント情報

スタッフブログ(詳細)

2020/05/26

BLOG

快適な家づくりのポイントを紹介します!

「快適な家づくりを実現するためには、どのようなポイントに気をつけるべき?」
「快適な家とは、何によって決まるのだろう」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
家づくりでは、「快適さ」を重視したい方も多いでしょう。
そこで今回は、快適な家づくりのポイントをご紹介します。

□快適さは室温環境で変わる

皆さんは、快適な家づくりをするうえで、何が重要なポイントになると思いますか。

例えば、シンプルな生活動線で無駄のない間取りを設計することだったり、家族に優しいバリアフリー設計だったり、さまざまなことをイメージされるでしょう。
もちろん、上記のようなことも、快適な家づくりを実現するためのポイントだと言えます。
加えて、住み心地の良いということも、快適な家づくりに欠かせないポイントでしょう。

快適な家を実現するためには、室温環境はとても重要です。
なぜなら、室温環境が私たちに与えるストレスは大きいからです。

ここからは、家づくりの室温環境において、注目していただきたいポイントについてご紹介します。

*夏は涼しくて冬は暖かい仕組みづくりが必要

快適な家を実現するためには、夏は涼しくて冬は暖かい仕組みづくりが必要です。

具体的には、空気の循環を整える窓の配置、断熱、気密、太陽光の入り方を考えることによって、ストレスフリーな環境をつくることがポイントになるでしょう。

これらのことを踏まえたうえで家の設計をすると、エアコンに頼りすぎることなく、快適で健康的な環境をつくれます。

*R+houseが提供する省エネ性能

家づくりでは、その家の省エネ性能にも注目してみると良いでしょう。

当社では、特別な高性能断熱パネルによって、夏は涼しくて冬は暖かい家を実現しています。
また、高気密・高断熱へこだわることによって、快適な室温環境を保てます。
さらに、長期優良住宅基準を大幅に上回る性能により、快適さだけでなく、エコな住宅をも実現できます。

省エネ性能は、快適な家づくりをするうえでは欠かせないポイントなので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


□まとめ

家づくりでは、長く住み心地の良い住宅にするための工夫が必要です。
そのためには、今回ご紹介したような「夏は涼しくて冬は暖かい仕組みづくり」や「省エネ性能」といったポイントに注目してみると良いでしょう。

当社では、家づくりで失敗しないための勉強会を行っていますので、お気軽にご連絡ください。

快適な家づくりのポイントを紹介します!

トップに戻る