注文住宅の間取りでお困りの方へおすすめの間取りを紹介します

注文住宅の間取りでお困りの方へおすすめの間取りを紹介します

みなさまは注文住宅の間取りをどうやって決めていますか。
間取りを適当に決めてしまうと住みにくい家になってしまうかもしれません。
では、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。
今回は、満足のいく間取りにするための注意点についてご紹介します。

5B_01(R1266)020.jpg

□間取りを考える際のポイントをご紹介!

理想の注文住宅を完成させるためには要望をしっかりと伝えることが必要です。
しかし、漠然としたものを伝えてもあまり意味がありません。
担当者にきちんと伝わるように事前に準備をしていくことが大切です。
ここからは、理想を共有するためにしておいた方が良いことについてお話しします。

まず、どのような家族構成なのかを伝えましょう。
家族が何人いて、そのうち子供が何人いるかによって必要な部屋の数が異なります。
また、将来家族の人数が変わるのであればそのことも伝えてください。
次に、本当に必要な間取りは何であるかを決めておきましょう。

注文住宅は自分好みの間取りにできるというメリットを持っています。
しかし、使い勝手を考えずに間取りを決めてしまうと不便な家になってしまいます。
これを避けるために、各部屋のテーマを決めて配置するとよいでしょう。
これらに加えて、間取りを決める上で動線に配慮することは非常に重要です。

例えば、家事動線を意識した間取りにすることによって洗濯や掃除の負担を減らせます。
通勤や衛生、来客動線も意識することで住みやすい家になるでしょう。
また、部屋の間取りを簡単に変更できるようにすることも重要です。
お子さんの成長とともに必要な部屋の数も増えていくと思います。

そのような状況に対応するためにも間取りの仕組みを考えておくとよいでしょう。

□人気の高い間取りについてご紹介!

1つ目は、開放感のある部屋を作ることです。
これは、部屋を吹抜けにしたり、仕切りをなくしたりすることによって実現できます。
オープンな間取りにすることで気持ちにもゆとりが生まれ、会話も弾むかもしれませんね。
必然的に部屋自体も広くなるため動きやすさも格段に上がるでしょう。

2つ目は、気軽に外に出られるウッドデッキについてです。
これは、一般的にリビングの隣に設計されます。
涼しい日には太陽の光を浴びながら食事をとれるためリラックスできる空間を実現できるでしょう。
気軽にグランピング気分が味わえるという点でも人気の間取りです。

3つ目は、キッチンを対面式にすることです。
こうすることで、料理中も家族との会話を楽しめます。
家事をしながら家族との時間も大切にできるという点で優れていると言えるでしょう。

□まとめ

間取りを決める際には、担当者に遠慮なく意見を伝えることも大切です。
その際、明確なイメージを持って伝えることをおすすめします。