注文住宅の購入をお考えの方へ間取りの決め方を紹介します

注文住宅の購入をお考えの方へ間取りの決め方を紹介します

「注文住宅を検討しているが、間取りの決め方が分からない」
このように思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
注文住宅の間取りの決定にはいくつか重要な要素があります。
今回は当社が注文住宅をお考えの方へ、間取りの決め方をご紹介します。

5B_01(R1266)018.jpg

□家づくりでの間取りの考え方とは

家づくりをする上で、間取りは大変重要な要素です。
間取りの失敗は生活の快適さを損なう可能性もあるでしょう。
間取りを考える際に押さえておきたいポイントについて見ていきましょう。

*家族の希望と家事動線を考える

家は1人ではなく家族で生活される場合が多いのではないでしょうか。
そのため、家族の要望はできる限り叶えられるように間取りを決めると良いでしょう。
しかし、意見が一致しないこともあると思います。
その場合は、生活動線を意識した間取りをおすすめします。

*土地や周辺の環境を考える

間取りを決める際は、土地の方角や形状、そして土地が面している道路の特徴を把握しておくのがおすすめです。
人通りの多い道路に面している場合は、視線が気にならない間取りが最適でしょう。
また、日当たりが良い方角であればバルコニーの設置も良いのではないでしょうか。

*土地全体、住宅のゾーニングを考える

土地のゾーニングは建物、庭、駐車場のバランスをしっかり考えたものにしましょう。
また、住宅のゾーニングは人の動きを意識しながら部屋割りといった間取りを決めることをおすすめします。

□動線を意識した間取り作りとは

家の間取りを決める際には、動線の意識が非常に重要です。
意識しておきたい動線は以下の通りです。

1つめは家事動線です。
炊事や洗濯などの日常的な家事は組み合わせて行うことが多いでしょう。
家事をする上で動きやすい動線は非常におすすめです。

2つめは通勤動線です。
毎朝の通勤や通学準備は洗面所やトイレが混雑すると思います。
混雑が起きにくい動線を心がけると良いでしょう。

3つめは衛生動線です。
キッチンの近くにトイレがあると、音や臭いが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
衛生面で不快にならない間取りにしましょう。

4つめは来客動線です。
来客の際にプライベートの空間が見えないようにしましょう。
来客動線が浴室、風呂場と重ならないようにしてくださいね。

5B_01(R1266)012.jpg

□まとめ

今回は間取りの決め方について紹介しました。
動線を意識した間取りがおすすめであると知っていただけましたか。
特に家事動線は意識した方が良いでしょう。
注文住宅でお困りの点があれば当社までお問い合わせください。