注文住宅を購入する際の流れについて紹介します

注文住宅を購入する際の流れについて紹介します

注文住宅をお考えの方で、購入する際の流れが分からずお困りの方はいらっしゃいませんか。
購入する際の流れが分からないと、いつまでに家が引き渡されるのかの目安がないのでスケジュールが立てにくいでしょう。
そこで今回は、家の引き渡しまでの流れをご紹介します。

5B_03(R1400)019.jpg

□注文住宅の流れ

まずは、土地や業者選びから入っていきます。
業者によっては、土地探しをサポートしてくれるので、まずは業者から選ぶことをおすすめします。
業者を選ぶ際は、自分の要望が叶えやすく、ホームページを見て信頼できるかどうか判断してから決めると良いでしょう。

希望の土地が見つかったら、土地を購入します。
この際、建物と一緒に土地の代金も住宅ローンで借りる場合は、借入先を決め事前審査を申し込みましょう。
事前審査に必要な書類は金融機関によって異なるので、事前に確認しておいてください。
その後、家の建築を依頼する会社に見積もりを依頼しましょう。

何回もの打ち合わせを経て、土地の売買契約やプラン、見積もりが確定したら本契約を結びます。
また、プランが法律に違反していないかを確かめる建築確認申請という手順もあります。
申請が通過した時点で、住宅ローンの申し込みを行い、本審査を受けましょう。

工事が開始される前に、近隣の方へ挨拶を行い、その後工事が開始されます。
工事中は時々現場に行き、進行状況の確認を行いましょう。
職人とコミュニケーションを取りながら進めることで、より理想の家が実現しやすくなります。
完成したら、建築確認申請を行い、問題がなければ住宅の引き渡しが行われます。

□注文住宅を購入する際の注意点

住宅を購入する際の注意点として、まず挙げられるのが周辺の環境を考慮することです。
住宅を購入する際は、家の内装や間取りに意識が向きがちですが、快適に住むためには、周辺の環境をしっかり調査しておく必要があります。
具体的には、買い物をする施設や病院、郵便局などの機関は一通り押さえておきましょう。
家族がいる場合は、近くに公園があるか見ておくことも大切です。

また、住宅を購入する際は、必ず家族全員で話し合いましょう。
人それぞれ、住宅に求めるものは異なりますので、できるだけ多くの人の意見を取り入れることが大切です。
自分の要望だけで、契約を結んでしまうと後からトラブルに発展する可能性もあります。

さらに、要望を整理する際は、一番大切にしたいポイントを決め、要望に優先順位をつけておきましょう。
優先順位がつけられていないと、要望を取り入れすぎた結果予算オーバーになる場合もあります。

5B_01(R1266)015.jpg

□まとめ

今回は、家の引き渡しまでの流れをご紹介しました。
土地探しから、家の引き渡しまでのやることが多く、ややこしいと思った方もいらっしゃるでしょう。
確かに、細かな手続きも多いですが、1つずつ順番にやっていけば難しくはありません。
分からないことが出た時点で、業者に質問するのが良いでしょう。