注文住宅を建てる際の流れと期間について紹介します

注文住宅を建てる際の流れと期間について紹介します

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を購入しようと思ってから、家が完成するまでにどのような流れがあるか分からない方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、注文住宅を建てる際の流れと期間についてご紹介します。

5B_03(R1400)005.jpg

□注文住宅が建て終わるまでの期間とは

家づくりは準備期間、契約~工事着工、工事着工~完成までの3つのステップに分かれており、それぞれのステップで期間が異なります。
準備期間は人によって一番差が出る期間と言われており、平均の目安は4か月程度となっています。

家づくりに対するこだわりが強い場合は、基礎的な建築に関する知識を蓄えて1〜2年とじっくり時間をかけて準備する方もいらっしゃいます。
一方で、こだわりが少なく、標準的な家を希望する方であれば、1、2ヶ月ほどで終わる方もいらっしゃるでしょう。

契約~工事着工までの期間も打ち合わせの回数によって変化しますが、およそ3、4ヶ月と言われています。
打ち合わせの数は、大手のハウスメーカーだと決まっていることが多いため、気になる方は確認してみると良いでしょう。

工事着工~完成までの期間は、平均3~6ヶ月となっており、理由としては家の大きさや構造、間取りによって工事する期間が変わってくるからです。
また、木造か鉄筋かといった工法によっても違いがあるでしょう。

□注文住宅を建てる際の流れとは

注文住宅を建てる際の流れを以下の4つの段階に分けてご説明しようと思います。

まず、契約前についてですが、これは設計士やコーディネーターと打ち合わせをする前に考えておくべき段階の内容となっています。
やることとしては、注文住宅のイメージ作り、土地探し、資金計画、設計事務所にプラン依頼、敷地と地盤調査が挙げられるでしょう。

次に契約段階においてですが、主に設計士やコーディネーターと建物の間取りや設備について話し合ったり、見積りの金額を確認したりと工事するまでに知っておくべき情報を主に取り扱います。
また、住宅ローンに関しても契約時に確認されるでしょう。

契約後に関しては、施工会社を探します。
施工会社が見つかり次第、確認申請や建物請負契約を行い、実際に工事に取り掛かります。
施工を行う際に、監理業務や各種検査を経て、家が完成したら引き渡しやアフターメンテナンスの確認が行われます。
完成して安心するだけでなく、引き渡し後にどんなサービスが受けられるのかをしっかり確認しておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の流れと期間についてご紹介しました。
家が完成するまでにどんなことが執り行われるか少しイメージできたのではないでしょうか。
注文住宅を購入しようと考えてから、家の引き渡しまでかなりの期間が必要になるので、興味がある方は早めに準備しておきましょう。